イベント

HOME > イベント一覧
<a href="http://www.kankou-kawachinagano.jp/common/sidecalender.cgi">「サイドメニュー」が表示されない方はこちらから</a><br>

イベント一覧

終了したイベント
稚児相撲

稚児相撲

■対 象 者:平成28年1月1日~12月31日までに生まれた子
※川上神社の氏子でなくても市外在住でもだいじょうぶです。
■参加祈祷料:5,000円(当日受付にてお納めください)

平成29年10月1日(日) 

詳細はこちら

歴史深訪~河内長野~観月コンサート

歴史深訪~河内長野~観月コンサート

陽差しが柔らかくなる秋の日に、観心寺 恩賜講堂で楠木正成公に思いを馳せ、観月コンサートが開催されます。
 当日は野点が催され、懐石料理「喜一」のお弁当を頂き、生花パフォーマンスや舞踊をご覧いただけます。
 観心寺御長老 永島奈龍弘氏による講演も行われ、実りある時間を過ごせますね。

☆チケット 5,000円*前売りのみ
(お抹茶・千慕里庵の和菓子・懐石料理「喜一」のお弁当・お茶・拝観料含む)
*申込み受付スタートしています。9月上旬に締切となりますので、お早めにお申込みしてください。(下記申込先までお電話かメールにて)

【プログラム】
◎野点
サロン・ドゥ・茶々主催 裏千家 吉本 宗初
◎生花パフォーマンス
プランツアート夢gen主催 木ノ下 夢幻
◎講演『観心寺と楠木正成』
観心寺御長老 永島 龍弘
◎舞踊
ダンスパワーズ主催 河野 智登美
◎観月コンサート
河内長野出身アーティスト 雪月花

●司会進行:木谷 さつき
●総合演出:川上 勝

2017年10月1日(日) 15時開場 

詳細はこちら

篠笛の響きコンサート vol.4 「磨崖仏」の紙芝居と共に ~秋風に揺れるコスモスの花~

篠笛の響きコンサート vol.4
「磨崖仏」の紙芝居と共に
~秋風に揺れるコスモスの花~

 眼下に滝畑ダム湖、見渡す山並みに岩湧山山頂を望む素晴らしい場所に建つ茅葺民家(旧梶谷家住宅)で、篠笛コンサートが開催されます。日本の歌 馴染みのある珠玉の名曲「童謡/叙情歌」を中心に演奏されます。
 そして、滝畑に伝わる「お宮さんの祝い唄」をはじめ、滝畑ダム下流部の岩壁に刻まれた地蔵菩薩と観音菩薩の二体の磨崖仏の物語を紙芝居でお話していただけるそうです。
*入場整理券が必要です。9/5より受付開始です。

【篠笛コンサート】
演奏:井上 真実/Sakuraユニット
演奏曲目:もみじ・里の秋・七つの子・浜辺の歌・月の砂漠・荒城の月・浜千鳥 等
*万葉集の中から月をテーマにしたオリジナル曲も演奏

【紙芝居 出演】
・かわちながの観光ボランティ倶楽部
・滝畑自治会・滝畑「お宮さんの祝い唄」保存の会
・さくらの会勇志

2017年10月1日(日) 午後1時半 開演(午後1時 開場) 

詳細はこちら

タイマツを立てる神事

タイマツを立てる神事

この神事は別名「松明祭(たいまつまつり)」とも呼ばれています。
10月11日に行われる大祭にのぞみ、一週間前に松明を立てる神事が行なわれます。江戸時代の元禄14年(1701年)には記録に現れますので、300年以上にわたって行われていることになります。
 氏子達が境内に集まり、高さ5m、胴回り約4.5mの大タイマツを作ります。そして大祭当日(10/11)に火を入れます。高さ5mの松明が燃える様は圧巻です。

2017年10月1日(日) 午前8時50分ごろから 

詳細はこちら

西代神楽

西代神楽

 西代神社の境内に、緋色の敷物を敷いた二間半四方の舞場を設け、四方に斎竹を立て注連縄を張り、その中で神楽が行われます。
 神楽は、鳴物・舞方・後見役で構成され、笑いあり、ハラハラあり、目が離せません。河内長野市指定無形民俗文化財になっています。

 享保十七年、西代藩主本多忠統(ただむね)が、河内西代藩陣屋から伊勢神戸に転封された際、その徳をしのんで西代神社に奉納したのが始まりと言われています。
 
 この神楽は伊勢神楽系統の代表的なもので、その演目は計十曲から成り、獅子役と囃子方は、紺の着物に茶褐色の袴という揃いの服装で、真似師と言われる道化役のみ別の服装です。

2017年10月6日(金) 19時~21時 

詳細はこちら

日野獅子舞

日野獅子舞

 日野地区に数百年の昔から伝えられている獅子舞で、「六斎念仏」「人形芝居」などと深い繋がりを持っていると言われています。
「巣垣きの舞」「乱曲の舞」「床几の舞」「地巣籠りの舞」の計五曲からなり、別名『六斎念仏獅子』と呼ばれています。地方色豊かな死しないは、村の子孫繁栄と五穀豊穣を願って奉納されます。
 この獅子舞は、日野地区の春日神社が明治四十一年に高向神社に合祀されて以降、宵宮には日野地区春日神社跡(現在のみのでホール)で舞われ、翌日のお昼頃に高向神社に奉納されます。
 
 力強く、しなやかで、笛や太鼓の音のリズミカルな音がパワーを注ぎ、見るものを圧倒させる素晴らしい舞です。

★「宵宮」<br />2017年10月6日(金) 19時~21時 

詳細はこちら

第3回 南花台 ジャズフェスタ

第3回 南花台 ジャズフェスタ

地域の活性化のために企画されたジャズフェスタ。魅力的な迫力あるジャズの演奏とお洒落な屋台の出店もあります。入場無料です。
【特設ステージ】
◎出演
・富田林第三中学校 吹奏楽部
・南花台中学校 合唱部
・河内長野吹奏楽団 ブルーウィンズ
・トランペット:横尾 昌次郎
・ベース:佐々木 善暁
・ドラム:伊波 大輔
・ピアノ:杉山 悟史
・ギター:野江 直樹
・ボーカル:臼井 優子
(※ジャズフェスタ チラシ参照)

2017年10月7日(土) 12時~16時30分<br />※開場:11時30分/開演:12時<br />☆11時から素敵な屋台ブースがスタート 

詳細はこちら

日野獅子舞

日野獅子舞

日野地区に数百年の昔から伝えられている獅子舞で、「六斎念仏」「人形芝居」などと深い繋がりを持っていると言われています。
「巣垣きの舞」「乱曲の舞」「床几の舞」「地巣籠りの舞」の計五曲からなり、別名『六斎念仏獅子』と呼ばれています。地方色豊かな死しないは、村の子孫繁栄と五穀豊穣を願って奉納されます。
 この獅子舞は、日野地区の春日神社が明治四十一年に高向神社に合祀されて以降、宵宮には日野地区春日神社跡(現在のみのでホール)で舞われ、翌日のお昼頃に高向神社に奉納されます。
 
 力強く、しなやかで、笛や太鼓の音のリズミカルな音がパワーを注ぎ、見るものを圧倒させる素晴らしい舞です。

★「本宮」<br />2017年10月7日(土) 11時過ぎからの宮入後、お昼過ぎ頃 

詳細はこちら

『蟹井神社』◆宵宮祭/湯立て神事

『蟹井神社』◆宵宮祭/湯立て神事

秋の例大祭宵宮で、島の谷・見坂・茶屋出の各地から高提灯を仕立てた行列が祇園囃子を歌いながら神社へ向かいます。
 神社では、宵宮に「湯立て神事」が行われ、大きな釜で湯を沸かし、お供えの後、神主が榊や笹の葉を熱湯に浸して、無病息災を願い氏子達に振り掛けます。

2017年10月7日(土) 午後9時から 

詳細はこちら

流谷八幡神社◆宵宮(提灯行列)

流谷八幡神社◆宵宮(提灯行列)

秋祭りの本宮の前夜(宵宮)、御神燈と書かれた高張り提灯を持った氏子たちが、神社を目指して行列して歩きます。神社へ渡る紅い橋の前で、流谷地区からの行列と天見地区からの行列が集結し、祇園囃子が流れる中、神社からの太鼓の音を合図に一列になって橋を渡り神殿へ向かいます。
 宮入すると拝殿前に高張り提灯を立てて、五穀豊穣・無病息災・家内安全などが祈願されます。
 夜の闇の中に浮かび上がる提灯行列は、幻想的で厳かな空気に包まれます。

2017年10月7日(土) 午後8時頃から 

詳細はこちら

このページの先頭へ戻る