ブログ

HOME > ブログ

アーカイブ

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日々あれこれ

天野山金剛寺では、平成21年より始まった金堂の修復が完成の日を迎え、楼門を入ると目に鮮やかな朱色に染まった金堂の姿を見ることが出来ます。
  来年3月27日には『落慶法要』が予定されており、本日(12/7)京都国立博物館で保管展示されいた「木造大日如来坐像(国宝)」「木造不動明王坐像(国宝)」が本堂(金堂)へお戻りになられました。
 白い布に包まれたお姿が楼門をお入りになられる時には、観衆から感嘆の声が上っていました。
  
  大日如来坐像は天を見つめ合掌されたお姿で、不動明王坐像は前を見つめたお姿でそれぞれ金堂へお戻りになられました。

 来年1月11日には、奈良国立博物館で保管されている『木造降三世明王坐像(国宝)』がお戻りになられるそうです。

 見上げるときれいな空が広がっていました。
お戻りになられるにふさわしい日和でした。

*搬入作業見学会のお問合せ先
 河内長野市役所 ふるさと文化財課:0721-53-1111

<天野山金剛寺>
 河内長野市天野996
 TEL:0721-52-2046

PC070005-02.jpg

PC070009-02.jpg

PC070013-02.jpg

PC070014-02.jpg

PC070019-02.jpg

PC070025-02.jpg

PC070030-02.jpg

PC070033-02.jpg

PC070035-02.jpg

PC070046-02.jpg

PC070047-02.jpg

PC070031-02.jpg

~秋が深まる滝畑ダムの風景~

滝畑ダム周辺の山々が秋色に染まっています。
ダム湖の水は、10月下旬に襲来した台風の影響で未だに濁りが取れていませんが、ダム湖を囲むように秋色に染まる山々がとても美しいです。岩湧山山頂もきれいに見えていました。山頂はすっかり白い穂で覆われているようです。
(2017年12月1日撮影風景)

  滝畑ダムへ向かう「日野滝畑コミュニティバス」の終点にあたる「滝畑ダム」のバス停横に架かる「しんさむらいはし」から見上げる山も夕焼けのような美しい色に染まっていました。

 滝畑ダムを周遊する遊歩道はウォーキングにはもってこいの道のりです。の~んびりと深まる秋を楽しまれてはいかがでしょう(*^-^*)
 山間は、そろそり冬の気配がしています。
 暖かくしてお出かけ下さい。



◎滝畑湖畔観光農林組合
河内長野市滝畑1588-甲
TEL:0721-64-9285

◎日野滝畑コミュニティバス

PC010027-02.jpg

PC010005-02.jpg

PC010009-02.jpg

PC010012-02.jpg

PC010020-02.jpg

PC010028-02.jpg

『国宝 大日如来坐像』搬入作業見学会~天野山金剛寺~

 天野山金剛寺では、平成21年より始まった金堂の修復が完成の日を迎え、楼門を入ると目に鮮やかな朱色に染まった金堂の姿を見ることが出来ます。
 来年3月27日には『落慶法要』が予定されており、現在京都と奈良の博物館で保管展示されいる「大日如来坐像(国宝)」「不動明王坐像(国宝)」「降三世明王坐像(国宝)」が随時お戻りになられます。

 そしてこの度、京都国立博物館での展示を終えてご本尊である国宝 大日如来坐像がお戻りになられる日取りが決まり、搬入作業を見学させていただけるそうです。

■日 時:2017年12月7日(木) 午後1時~3時
■ところ:天野山金剛寺
*当日直接会場へお越し下さい。


◎お問合せ先
河内長野市役所 ふるさと文化財課
TEL:0721-53-1111

<天野山金剛寺>
河内長野市天野996
TEL:0721-52-2046

P7190006-02.jpg

PB160037-02.jpg

PB020004-02.jpg

PB020009-02.jpg

PA260017-02.jpg

PA260020-02.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ戻る