観光スポット

HOME > 観光スポット > 観る > 原町の旧阿弥陀寺跡石造物群
<a href="http://www.kankou-kawachinagano.jp/common/sidecalender.cgi">「サイドメニュー」が表示されない方はこちらから</a><br>

観光スポット

一覧
  • 観る 寺社・公園・街並み
  • 食べる 飲食店・グルメ
  • 体験する レジャー・体験
  • 泊まる 宿泊施設
  • 学ぶ・知る 観光案内・資料館
  • 買う お土産・特産品

関連情報

  • 奥河内サイクリング
  • 広域観光の取組
  • 河内長野市の超広角な世界

観る 寺社・公園・街並み

原町の旧阿弥陀寺跡石造物群

西高野街道沿いの原町付近に石造物群があります。 この石造物群は、十三が刻まれた板碑2基、地蔵菩薩立像1体、観音菩薩立像1体から成り、現在は原町地蔵講によって祭られています。
※十三仏・・・初七日から三十三回忌までの13回の法要に割り当てた十三体の仏・菩薩のこと

 この場所の南側にはかつて阿弥陀時という寺院があり、本はこの寺院の境内にありましたが、明治時代に廃寺になったため、この場所に祭られるようになったと言われています。

 十三仏板碑には、寛永十一年(1634年)に原町の庄屋・俵屋が施主となって、両親、隣組の住人らの供養のために建立したことが記されていますが、とくに右奥の板碑は、像高228cmあり、河内長野市最大級の大きさで河内長野市の有形民俗文化財に指定されています。
所在地 〒586-0021
大阪府河内長野市原町6丁目10−25
地図URL 地図ページを見る

周辺観光スポット

このページの先頭へ戻る