トップページ ライフスタイル 地場野菜で料理教室 池辺さん

  • 観光スポット
  • ライフスタイル
  • 自分らしく、心地よく暮らす。奥河内スタイル
  • 今どきファーマー!河端さんご夫妻
  • 地場野菜で料理教室 池辺さん
  • 暖炉のある暮らし 小林さん・剱持さんご家族
  • 木工パズル作家 千葉さん
  • 子育てとマーケット 天川さん

地元の野菜を使って、笑顔が集う食卓を

子育てと料理教室、どっちも

「食べる、飲む、作るが大好き!」軽快で豪快な池辺直子さんに料理を習いにきた舞花さん。河内長野駅の南側、歩いて5分ほどの石川沿いに池辺さんの料理教室はあります。築80年も経つという旅館をリノベーションしたレトロモダンな雰囲気が漂う建物。「舞花さん、いつも料理するの?」「うーん、ときどき!」「仕事が忙しくても、ちゃんと栄養とってね」まるでお母さんのような言葉をかける池辺さん、8歳と12歳のお子様がいらっしゃいます。河内長野市育ち。大学時代に栄養士の資格を取り、卒業後は大阪市内でOL勤め。やっぱり料理が好きで会社を辞めて再び勉強を。大手料理教室の講師をしたのち、ご自身の教室を河内長野市で開かれました。子育てと料理教室の両立も、ここだからできたと話す池辺さん。「空気も水もおいしい。街に勤めたこともあったけど、地元で教室を開きたかった。新鮮な野菜も手に入るし、子育ての環境もいいから。こどもたちが通っている小学校は、1学年1クラスか2クラス。先生の目も行き届いているのよ」。

地元の野菜でカフェを

話も盛り上がってきたところで料理も完成。 「いただきまーす!」「教室では、誰でも簡単に手に入る食材で、おしゃれにおうちごはんを楽しんでもらえるメニューをいっしょに作るの。家族で囲むテーブルってやっぱりいいでしょ」。おいしい出来映えに舞花さんも大満足。「地元の農家さんが作っている野菜を使って、いつかカフェをしたくて」。ステキな夢もお持ちです。おいしい料理は笑顔の種。池辺さんの蒔く種が奥河内いっぱいに広がって、テーブルに笑顔の花がもっともっと咲きますように。

簡単♪トマトのブルスケッタ(4人分)

  • (1)トマトは種を除き、1cm角に切り、ざるに上げて水気を切っておく。玉ねぎとパセリはみじん切りにする。
  • (2)ボールに(A)を加え混ぜ、(1)のトマト、玉ねぎを加え、10分以上マリネしておく。
  • (3)バゲットを厚さ1.5cmに切り、トースターでさっと焼く。半分に切ったにんにくを焼き上がったバゲットにこすりつけてから(2)をのせてパセリを散らしてでき上がり。

河内長野市喜多町700-1
池辺 直子さん
錦水工房内
料理教室「SPOON」
http://www.spoon-cooking.com/