ブログ

HOME > ブログ

アーカイブ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事一覧

■開催日:平成29年11月4日(土)
■集 合:9時30分 南海高野線「河内長野駅」下車→長野神社
■参加料:500円*事前予約制
■持ち物:弁当、水筒*ゴミは各自持ち帰ってください。
■定 員:100名*先着順

【コース】*全行程 約10km
河内長野駅・長野神社(スタート受付)→烏帽子形城跡→三日市町駅→延命寺(昼食)→観心寺(ゴール)
*雨天決行(荒天中止)
*コースは多少変更の可能性があります。
★オプションガイドとしまして、解散後希望者に観心寺境内のガイドを実施します。(別途入山料100円(通常300円)が必要です)

<お申込み方法>
☆必ず郵便往復ハガキでお申込みしてください。
◎申込期間:9月28日(木)~10月27日(金)必着!
◎記入内容
・往信用はがき裏面に①開催日(回数)②申込者名(グループ全員)③申込者住所④電話番号
・返信用はがき表面に申込者の住所・氏名をお書きの上、下記宛先にお送りください。

<宛て先>
〒586-8501
河内長野市原町1-1-1
河内長野市役所産業観光課内
かわちながの観光ボランティア倶楽部 宛

<お問合せ方法>
はがきで氏名・住所・電話番号・質問事項を記入の上、上記宛て先まで送付ください。
★当日のお問合せ先:06-6644-7205

◎主催:
南海電気鉄道株式会社・広域連携歴史探訪ガイドウォーク実行委員会
◎後援:橋本市、河内長野市、大阪狭山市、堺市、大阪市、住吉区、住吉区教育委員会、歴史街道推進協議会

2017-11-4-01-2.jpg

2015-6-10naganojinja01-2.jpg

PB130906-02.jpg

2016-6-1ebosi04-2.jpg

2015-11-10enmeiji09-2.jpg

2015-11-19kansinji07-2.jpg


『奥河内観光写真展示会2017』開催情報

「平成28年度奥河内観光写真コンクール」の入賞作品や観光写真ボランティアさんによる観光写真の展示会を開催します。

■開催期間:2017年10月3日(火)~9日(月祝) 
■開催場所:大阪府立花の文化園 イベントホール

◎大阪府立花の文化園

 花の文化園では、季節の草花を身近で感じることができます。これからは秋の花が次々と見頃を迎えてゆきます。
秋晴れの空の下、の~んびりと草木の下で心地好い時間をお過ごし下さい(*^-^*)♪
*見頃の花情報などは、花の文化園公式HPをご覧下さい。

<近隣お立ち寄りスポット>
◎道の駅 奥河内くろまろの郷
◎河内長野市立林業総合センター「木根館」
◎河内長野市立ふるさと歴史学習館
◎天野山金剛寺
◎滝畑ふるさと文化財の森センター

2016-9-27hanabun04-2.jpg

2016-9-27hanabun02-2.jpg

稲穂と彼岸花の風景~流谷地区~

 流谷八幡神社周辺では、稲刈りが始まっています。
刈り終わった稲を天日に干す「稲木干し」の風景を見ることが出来ました。
 頭を垂れた稲穂と、稲木干しの田んぼの中に鮮やかな朱色の彼岸花が目に鮮やかに美しく、山里の秋の原風景が広がっていました。(2017年9月21日撮影)

 来月にはすっかり稲刈りも終わり、また違った風景に出合えそうですね。

 流谷八幡神社では、10月7日・8日の2日間秋祭りが開催されます。7日の宵宮には、高張り提灯を掲げた地元の方たちが境内まで行列し神社へ参拝します。とても幻想的な光景です。翌8日には、神輿渡御があり地域が賑わいます。

【日程】
◆宵宮(提灯行列)
開催日時:2017年10月7日(土) 午後8時頃から
*流谷地区と下天見地区から提灯を持った人々が行列をして神社へ向かいます。

◆本宮(神輿渡御)
開催日時:2017年10月8日(日)午前9時頃から
*下天見地区から始まり、お昼頃から流谷地区へ

<流谷八幡神社>
河内長野市天見2211
南海天見駅より徒歩15分

P9210027-02.jpg

P9210026-02.jpg

P9210030-02.jpg

P9210032-02.jpg

P9210034-02.jpg

2015-10-10tyoutin06-2.jpg


門林栗園へ行ってきました♪(2017年9月21日撮影)

河内長野市岩瀬にある門林栗園では、今年も大きな栗が実っています。
 門林栗園の栗は、河内長野市認定ブランド「ながのfoodo」認定されています。(*一般の方向けの栗拾いなどは行っていません。)
 秋晴れのきれいな青空の下、栗の木にはたくさんのイガ栗が大きく育っていましたよ♪

 河内長野市岩瀬の土地は、水はけの良い傾斜地になっており、越えた赤土は栗の木の栽培に適しています。この自然豊かな河内長野の風土が味の良い大きな栗を育みます。
 かつて「萩原」と呼ばれたこの地区では、大きくて品質の良い栗が実ります。完熟したものをその日のうちに収穫する鮮度の良い栗です。甘みがあり、ほくほくした食感と、風味豊かな味わいが自慢です。
 
 門林栗園の栗は、市内農産物直売所などで販売されています。毎年10月に開催されます高野街道まつりでも河内長野駅前の農産物・特産品販売エリアで栗の販売をされますよ。
人気商品ですので、お早めにお買い求め下さい。

<門林栗園>
河内長野市岩瀬279
TEL:0721-68-8454

【市内直売所情報】
◎アグリかわちながの
◎あすかてくるで河内長野店

P9210015-02.jpg

P9210008-02.jpg

P9210010-02.jpg

P9210014-02.jpg

P9210016-02.jpg

『彼岸花の風景』~高向地区・日野地区・下里地区~

朝晩涼しくなってきましたね。いよいよ秋の気配です。

 市内のあちらこちらで彼岸花が咲き始めました。
頭を垂れた稲穂の黄緑色と朱色の花が鮮やかで美しいです。
別名「曼珠沙華」とも呼ばれています。

 何も無かった畦道に、ある朝たくさんの彼岸花の蕾がすっくと伸びていて、「あ~秋が来たんだ・・・」と実感します。
栗の木にもおおきなイガ栗が実っていました。

実りの秋がやってきます(*^-^*)

の~んびりと秋の奥河内を散策してみてください♪

<近隣お立ち寄りスポット>
◎道の駅 奥河内くろまろの郷
◎大阪府立花の文化園
◎河内長野市立林業総合センター「木根館」
◎河内長野市立ふるさと歴史学習館
◎天野山金剛寺

P9200032-02.jpg

P9200029-02.jpg

P9200036-02.jpg

P9200035-02.jpg

P9200038-02.jpg

cafe Villanda(ヴィランダ)

南花台の閑静な住宅街にお家カフェ「cafe Villanda」があります。

 「郊外の別荘」の意味もある『Villa』と、インドネシア語で「あなた」という意味の『anda』。   
"まるであなたの別荘のような、そんな存在になりたいカフェです" と、
店主のココロがこもったカフェです(*^-^*)

笑顔の素敵な娘さんと、お料理上手なお母様が迎えてくださいます。   
週替わりのランチプレートは、メイン2種類から選べますよ。
美味しい手作りデザートもお勧めです(*^-^*)/

☆現在市内で開催中の『奥河内フルーツラリー』参加店ですよ♪
旬の季節のフルーツがヴィランダさんでは、どんな素敵に変身してるんでしょう~♪
wakuwaku(*^・^*)

<cafe Villanda>  
河内長野市南花台2丁目12-10
TEL:0721-68-8929
ランチタイム 11:30~14:00
カフェタイム 14:00~17:00
定休日 土・日・祝

PB090148-02.jpg

P6280018-02.jpg

P6280019-02.jpg

P6280017-02.jpg

CIMG3621-02.jpg

観光ボランティア倶楽部による観光ガイド情報

 観光ボランティア倶楽部では、ガイドによる『観心寺』『天野山金剛寺』での待ち受けガイドを実施しています。秋が深まり行く良い日和に、貴重な文化財の解説を聴きながらゆっくりと散策をしてみるのもいいですね。
*雨の場合等、事情により中止になる場合があります。

【待ち受けガイド実施予定日程】
☆ガイド料:一人100円(2名様以上)
◆観心寺:10時~15時30分
山門を入ったところでお待ちしています。
◎9月16日・17日・18日・23日・24日・30日
◎10月1日・7日・8日・9日・14日・15日・21日・28日・29日
◎11月3日・4日・5日・11日・12日・18日・19日・20日・21日・22日・23日・25日・26日・27日・28日・30日

◆天野山金剛寺:10時~16時
山門前でお待ちしています。
◎11月3日

 観光ボランティア倶楽部では、「天野山金剛寺」「高野街道」「観心寺」「延命寺」「滝畑」の5拠点でのガイドやウォーキングコースのご案内を行っています。お気軽にご相談下さい。

<ガイドコースのお問合せ先>
「かわちながの観光ボランティア倶楽部」
河内長野市観光案内所
TEL:0721-55-0100
営業時間:9時~16時(第2水曜日・年末年始休み)

<ガイド申込書の送付先>
観光ボランティア倶楽部事務局
(河内長野市役所産業観光課内)
TEL:0721-53-1111
FAX:0721-55-1435

tirasi02.jpg

tirasi2-02.jpg

2015-3-24kansinji03-2.jpg

P7190001-02.jpg

PB230952-02.jpg

PA150537-05-2.jpg

mikkaitisyukuba1-1-2.JPG

『第11回 高野街道まつり』開催情報

◆開催日時:2017年10月22日(日) 10時~16時
◆開催場所:河内長野駅周辺~高野街道~三日市町駅前

 今年も『高野街道まつり』が開催されます♪
河内長野駅前から高野街道、三日市町駅前にかけて河内長野市内が賑わいます(*^-^*)/
 当日はスタンプラリーが開催されますので、ご家族で、お友達同士で参加してみてください!! ゴール地点では、完歩賞としてガラポン抽選に参加できますよ♪
 秋空の下、趣きある高野街道をのんびり歩いて、エリアごとのお楽しみを体感してください!!

【エリア詳細】
◎三日市町駅前
・地場旬産市・堺市特産品・紀州高野街道名産市・千早赤阪村特産市・泉州特産市・河内長野市伝統品販売・高野街道オリジナルグッズ販売

◎高野街道
・酒蔵どおり フード&クラフト「奥河内コレクションvol.6」開催・烏帽子形八幡神社 休憩所での茶菓のふるまい・増福寺、真教寺、月輪寺 特別一般公開・街道沿いおもてなしコーナー・大日寺キッズコーナー

◎河内長野駅周辺
・フリーマーケット・手づくりにぎわい市・高野街道オリジナルグッズ販売・なにわ伝統野菜を使った料理の振舞い、販売・長野神社での茶菓の振舞い、こどもフリーマーケットの開催

<お問合せ先>
高野街道まつり実行委員会(事務局:河内長野市産業観光課内)
TEL:0721-53-111

kouyakaidou1-02.jpg

kouyakaidou2-02.jpg

141026kouyakaidou20-2.jpg

141026kouyakaidou19-2.jpg

141026kouyakaidou16-02.jpg

―秋祭情報2017―『蟹井神社』

蟹井神社は天喜二年(1054年)創建と伝えられています。
祭神は神武天皇、応神天皇、神功皇后で、当初は甲斐神社と呼ばれていたが、延宝四年(1676年)に焼失後、再建されて蟹井神社となったそうです。(蟹井神社HPより)

 秋の大祭には神輿がでて、前日の宵宮では、島の谷・見坂・茶屋出の各地から高提灯を仕立てた行列が祇園囃子を歌いながら神社へ向かいます。
 神社では、宵宮に「湯立て神事」が行われ、大きな釜で湯を沸かし、お供えの後、神主が榊や笹の葉を熱湯に浸して、無病息災を願い氏子達に振り掛けます。
 翌日の例大祭では神輿渡御が行われ地域が賑わいます。

【日程】
◆宵宮祭/湯立て神事
開催日時:2017年10月7日(土) 午後9時から
開催場所:蟹井神社境内

◆例大祭/神輿渡御
開催日時:2017年10月8日(日)
例大祭 午前10時~/神輿渡御 午後2時から

<蟹井神社>
河内長野市天見428
南海高野線天見駅徒歩12分
TEL:080-5710-6870(宮司直通)

140815kaniijinja02-2.jpg

140815kaniijinja01-2.jpg

140815kaniijinja03-2.jpg

140815kaniijinja04-2.jpg

140813yamabiko01-2.jpg

―2017秋祭情報―『流谷八幡神社』

流谷八幡神社では、秋祭りの本宮の前夜(宵宮)、御神燈と書かれた高張り提灯を持った氏子たちが、神社を目指して行列して歩きます。神社へ渡る紅い橋の前で、流谷地区からの行列と天見地区からの行列が集結し、祇園囃子が流れる中、神社からの太鼓の音を合図に一列になって橋を渡り神殿へ向かいます。
 宮入すると拝殿前に高張り提灯を立てて、五穀豊穣・無病息災・家内安全などが祈願されます。
 夜の闇の中に浮かび上がる提灯行列は、幻想的で厳かな空気に包まれます。

 翌日の本宮は、朝から神輿が地域を巡行し、地域が賑やかになります。

【日程】
◆宵宮(提灯行列)
開催日時:2017年10月7日(土) 午後8時頃から
*流谷地区と下天見地区から提灯を持った人々が行列をして神社へ向かいます。

◆本宮(神輿渡御)
開催日時:2017年10月8日(日)午前9時頃から
*下天見地区から始まり、お昼頃から流谷地区へ

<流谷八幡神社>
河内長野市天見2211
南海天見駅より徒歩15分

2015-10-10tyoutin03-2.jpg

2015-10-10tyoutin06-2.jpg

2015-10-10tyoutin09-2.jpg

2015-10-10tyoutin10-2.jpg

2015-10-10tyoutin11-2.jpg

このページの先頭へ戻る