ブログ

HOME > ブログ

アーカイブ

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

地域情報

松林寺

 寺の名が示すように、こんもり茂った松林のなかに土塀をめぐらし、しずかな佇まいのお寺です。
 表門を入ると、正面に本堂があり、向かって右手に観音堂・不動堂と立ち並びますが、いずれも
小規模な三間堂でわずかに本堂が大きくなっています。本堂は、桁行3間、奥行4間半の規模で、
正・側面3方に縁をめぐらした宝形造、本瓦葺の建物で江戸時代後期の建立です。
松林寺の「紙本著色 種字両界曼荼羅図」は浄厳(じょうごん)筆の画であり、市指定文化財に指定されています。

 <松林寺>
 河内長野市松ヶ丘中町1607


140813shourinnji01-2.jpg

140814shourinji05-2.jpg

140813shourinji04-2.jpg

このページの先頭へ戻る